たいようブログ

*食・節約・生活についての情報発信をしていきます*

本サイトのコンテンツにプロモーションコードを含みます

赤しそが苦手な方へ。梅と塩だけのシンプルな白梅干しの作り方

初投稿2023年12月1日最新更新日2024年2月11日

 

・赤しそが苦手。赤しそが入っていない梅の作り方を知りたい。

・梅と塩だけのシンプルな梅干しが食べたい。

 

そんなお悩みはございませんか?

 

実は、赤しそを入れない、梅と塩だけで作る白梅干しがあります。

 

この記事では、赤しそが苦手な方や、梅と塩だけの梅干しを食べたい方に、「梅と塩だけのシンプルな白梅干しの作り方」を紹介しますので、参考にしてみてください。

 

完熟梅は朝ごはん本舗公式サイトで購入できます。

 

ふるさと納税をご利用されている方は、完熟梅を検討されてはいかがでしょうか。

 

作るのが大変だと思われた方にはこちらがおすすめです。

 

 スポンサーリンク

 

梅と塩だけのシンプルな白梅干しの作り方

梅が出回るころは、6月初めから6月下旬ごろになります。

私は4月に朝ごはん本舗さんの通販サイトで予約をし、6月21日に完熟梅が届きました。

買いに行く手間や、売り切れる心配はなく安心して購入できました。

 

材料と用意するもの

 

完熟梅 1Kg
粗塩 180g〜200g
ホワイトリカー消毒用 少量
漬ける容器 1
竹串か爪楊枝 数本
重石(必要に応じて)  

 

準備する道具類は、こちらの記事で紹介しています。

 

taimamatan.hatenablog.com

 

梅の追熟

青い梅を購入した場合は、黄色くなるまで置いておきます。

 

青い梅を黄色くなるまで追熟します。

 

完熟梅を買うと追熟の工程は省けます。

 

朝ごはん本舗の完熟梅2Kg

 

完熟梅の購入は朝ごはん本舗公式サイトからできます。

 

粗塩と精製塩の違い

粗塩

しっとりした塩のため、梅と塩が絡みあい梅干しに向いているのでオススメです。

塩分が18%以上でカビが生えにくくなります。

我が家は、心配のなので塩分20%にしています。

 

精製塩

さらさらした塩のため、梅と塩が馴染まないため梅干しには向いていません。

 

下処理

  • 梅を洗う
  • 水気をとる
  • ヘタをとる

梅のヘタから水が入りカビの原因になる可能性があるため、この順番で行ってください。

 

梅を洗う

ボウルに完熟梅を入れ、一つ一つていねいに洗います。

 

水気をとる

ザルに梅をあげ、キッチンペーパーで水気をふきとります。

このとき、水気を残さないようにしてください。

 

ヘタをとる

竹串か爪楊枝で、傷つけないようにヘタをとります。

朝ごはん本舗さん完熟梅はヘタがありませんので、ヘタ取りの手間は省けました。

朝ごはん本舗の完熟梅はヘタがありません。

 

傷や傷みのある梅は取りのぞきます。

 

ヘタをとり、キズ梅は取り除く

 

キズ梅の活用法は、こちらの記事で紹介しています。

 

taimamatan.hatenablog.com

 

 

梅の塩漬けのやり方

  • 漬ける容器を消毒する
  • 梅を焼酎で洗う
  • 梅と塩を入れる
  • 必要に応じて重石をのせる
  • 冷暗所で保存し、梅酢が上がるのを待つ

 

漬ける容器を消毒する

漬ける容器や重石など使用する道具は、熱湯やホワイトリカーで消毒します。

容器を消毒する

 

梅を焼酎で洗う

梅と焼酎をナイロン袋に入れ、混ぜ洗います。

 

梅と塩を入れる

梅と塩を交互に入れていき、1番上は塩で梅を覆うように入れます。

 

梅を塩で覆います。

 

必要に応じて重石をのせる

必要に応じて重石をのせ、ゴミやホコリが入らないようにフタをします。

我が家は、梅酢が出やすい完熟梅を使っているので、重石は使っていません。

スーパーで買った梅は、梅酢が出にくい時があるため重石をすることをおすすめします。

 

梅酢がたっぷり

 

冷暗所で保存し、梅酢が上がるのを待つ

なるべく涼しいところで保存し、1日1回、梅の様子を確認ください。

カビが生えないように、毎日梅が梅酢にふれるように、梅酢を全体になじませます。

 

1日〜3日ほどで梅酢が上がってきます。

 

漬けて1日たった梅。梅酢が出てきています。

 

梅酢が上がらない場合は、重石を加えたり、焼酎を足すことをオススメします。

梅酢が上がらない時の対処法は、こちらで詳しく紹介しています。

 

taimamatan.hatenablog.com

 

 

1週間もすれば、梅がつかるぐらい梅酢が上がれば一安心です。

漬けて1週間後、梅酢がたっぷり

 

 

土用干しまで、ときどき梅の状態を確認します。

梅酢が上がってから、土用干しまでの待ち方の記事はこちらで紹介しています。

 

taimamatan.hatenablog.com

 

 スポンサーリンク

 

 

土用干しのやり方

 

梅雨が明けた天気のいい日に、3日間天日干しをします。

 

  • 梅酢と梅を分ける
  • 梅をザルに並べる
  • 日の当たるところに干す
  • 梅をひっくり返す
  • 梅を室内に取り込む

この工程を、3日間繰り返します。

 

梅酢と梅を分ける

梅酢と梅を取り分けます。

 

梅をザルに並べる

梅をザルに重ならないように並べます。

竹製のザルがない場合は、自宅にあるザルで干しても構いません。

 

干す道具や、干す日数を比較した記事は、こちらで紹介しています。

 

taimamatan.hatenablog.com

 

日の当たるところに干す

日の当たるベランダなどに干します。

 

梅をひっくり返す

梅の皮を破らないようにひっくり返します。

 

梅を室内に取り込む

梅を室内に取り入れ、ゴミが入らないようにします。

 

3日間この工程を繰り返します。

梅酢は最終日に、容器ごとラップなどで覆い天日干しをします。

 

土用干しの詳しい記事はこちらで紹介しています。

 

taimamatan.hatenablog.com

 

梅を梅酢に戻す、梅酢に戻さない

梅干しを梅酢に戻すのか、戻さないのかは、好みの問題になります。

塩辛い梅干しや、しっとりした梅が好みの方は、梅酢に戻します。

 

 

汁気のない梅が好みの方は、梅酢に戻しません。

梅酢に戻さなくても、保存しておくと水分が出てしっとりしてきます。

 

梅酢に戻し方の詳しい記事は、こちらで紹介しています。

 

taimamatan.hatenablog.com

 

梅と塩だけのシンプルな白梅干しの出来上がり

どちらもすぐに食べることができますが、3ヶ月ほど保存することで味がなじみます。

塩分を20%で作った梅は、常温で2、3年の長期保存することができます。

必ず、温度変化の少ない冷暗所で保存してください。

 

失敗しにくくするポイント

梅を漬けるのに1番失敗が多いのが、カビが生えることです。

 

昔から、梅にカビが生えると縁起が悪いといわれています。

それは、カビが生える環境にいるうちに、病気などをしやすくなるので、縁起が悪いといわれているそうです。

カビが生えたときの対処法は、こちらの記事で紹介しています。

 

taimamatan.hatenablog.com

 

1.梅が傷ついていないもの選ぶ

梅のキズからカビが生える可能性があるため、キレイな梅だけを漬け、キズの梅は、ジップロックなどで漬け冷蔵庫で保存します。

 

朝ごはん本舗完熟梅

 

朝ごはん本舗の完熟梅のレビューは下記で紹介しています。

 

taimamatan.hatenablog.com

 

朝ごはん本舗公式サイト

 

キズ梅の漬け方は、こちらの記事で紹介しています。

 

taimamatan.hatenablog.com

2.なるべく塩分を20%にする

塩分を18%以上にすることで、カビが生えにくくなります。

我が家では、18%では心配なため、20%にしています。

 

塩を減らすと、カビが生えやすくなり、常温保存するのが難しくなります。

塩分が気になる方は、食べる分量だけを、塩抜きすることをオススメします。

塩抜きの方法はこちらで紹介しています。

 

taimamatan.hatenablog.com

 

3.使用道具類の消毒

使用する道具類は、ていねいに消毒をします。

消毒が不十分だったり、水気が残っていると、カビが生えてきやすくなります。

 

4.保存場所と保存容器

保存状態が悪いと、カビが生えやすくなります。できるだけ、涼しいところで保存してください。

保存容器は、温度変化のしにくい容器がオススメです。

 

 

ジップロックのような温度変化しやすい容器は、冷蔵庫で保存することをオススメします。

 

まとめ

赤しそを入れずに、梅を塩だけで作る、シンプルな白梅干しの作り方を紹介しました。

梅と塩だけなので、梅の風味が感じられる梅干しになっています。

 

梅干し作りにはさまざまな漬け方がありますので、参考にしてみてください。

 

taimamatan.hatenablog.com

 

やっぱり作るのが大変だと思われた方にはこちらがおすすめです。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 スポンサーリンク